株式会社マトリックス

過去のニュース

2013 - 2017

2013

1月7日
登下校メールシステムの最新導入実績です。2013年1月7日時点で合計258校に導入されています。

4月30日
リーダーとパソコンで通信を行うタグデータ受信プログラム「TagExplorer.NET」の最新版「TagExplorerTCP」をアップしました。主な変更点は「TagExplorerTCPのスタートガイド」をダウンロードしてご覧ください。開発者向けダウンロードからダウンロードできます。

5月10日
カンタン設置で気軽に使えるリーダートリガー一体型、「Box2」の販売を開始しました。

5月15日
登下校メールシステムの最新導入実績です。2013年5月15日時点で合計324校に導入されています。

6月14日
阪神あんしんサービス【登下校ミマモルメ】を展開している阪神電気鉄道様の導入実績が2013年6月時点で全国280校、ICタグの利用者が66,000名に達しました。今後は、DXアンテナ様、大手鉄道会社グループ企業様との業務提携によりさらなる全国展開を推進していくことになりました。

9月6日
トリガーコイルと受信アンテナがひとつになった送受信アンテナ『BTA-L1』の販売を開始しました。

9月6日
折りたたんで収納できる八木アンテナの販売を開始しました。

9月13日
『Tag21』の販売を開始しました。

11月20日
登下校メールシステムの最新導入実績です。2013年11月20日時点で合計397校に導入されています。

12月12日
弊社では、誠に勝手ながら、年末年始の営業を下記のとおりとさせて頂きます。大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
2013年12月28日(土曜日)~2014年1月5日(日曜日)まで休業させて頂きます。休暇中のお問い合せにつきましては、2014年1月6日(月)以降に対応させて頂きます。

2014

1月27日
登下校メールシステムの最新導入実績です。2014年1月7日時点で合計423校に導入されています。

3月5日
特許侵害訴訟の和解成立に関するお知らせ
平成26年3月5日
各位

株式会社マトリックス
代表取締役 辻 義光

1.訴訟の経過について

当社は、マイクロ・トーク・システムズ株式会社に対し、当社が保有する特許権(特許第4763982号、以下「本件特許権」という)に対する侵害行為の停止と損害賠償等の支払いを求めて平成24年1月11日付で大阪地方裁判所に訴訟を提起し(大阪地裁平成24年(ワ)第156号)、同裁判所において審理が継続されてきました。

他方、マイクロ・トーク・システムズ株式会社は、平成23年10月24日付で、特許庁に対し、本件特許権につき、冒認ないし共同出願違反を理由とする無効審判請求を行いましたが(無効2011-800213)、平成24年6月22日付で、審判請求は成り立たない旨の審決がなされました。平成24年7月31日、同社は、上記審決を不服として知的財産高等裁判所に審決取消請求訴訟を提起しましたが(知財高裁平成24年(行ケ)第10280号)、平成25年3月28日付で請求棄却判決がなされ、同判決は確定しております。

また、同社は、平成24年10月11日付で、特許庁に対し、本件特許権につき、進歩性欠如を理由とする無効審判請求を行いましたが(無効2012-800166)、平成25年5月29日付で、審判請求は成り立たない旨の審決がなされました。平成25年7月12日、同社は、上記審決を不服として知的財産高等裁判所に審決取消請求訴訟を提起しました(知財高裁平成25年(行ケ)第10202号)。

さらに、同社は、平成26年2月3日付で、本件特許権につき、特許庁に対し、新規性及び進歩性欠如を理由とする無効審判請求を行いました(無効2014-800020)。

平成26年2月24日、知財高裁平成25年(行ケ)第10202号事件において訴訟上の和解が成立し、これに伴い、当社は、大阪地方裁判所における訴えを取り下げました。また、無効審判請求2件(無効2012-800166及び無効2014-800020)についても取り下げられました。

2.本和解内容の要旨について

知的財産高等裁判所における和解につきましては、和解条項中、一部につき非開示とする旨の合意がされていますので、下記のとおり、開示可能部分の要旨をお知らせ致します。



マイクロ・トーク・システムズ株式会社は、S-CHIPシステム及び同システムを構成する製品が、本件特許権の技術的範囲に属することを認める。
マイクロ・トーク・システムズ株式会社は、今後、S-CHIPシステム及び同システムを構成する製品を製造、販売しない。
マイクロ・トーク・システムズ株式会社は、今後、本件特許権の有効性について争わない。

3.当社の今後の対応について

当社は、知的財産を極めて重要な経営資源の一つであると認識しており、当社の知的財産権が侵害された、あるいは侵害されるおそれがあると判断した場合には、今後も、法的対応も含め、毅然とした態度で臨む所存です。

以上

3月14日
平素より、弊社製品をご利用ご愛顧、賜り厚くお礼申し上げます。Tag22・Tag23のお取り扱いに関しまして、ご確認くださいますようよろしくお願い申し上げます。

本製品は社員証や、パッシブICカードを収納できるカードホルダータイプのアクティブタグです。ストラップ等で吊り下げて使用する場合、ストラップホールには幅の広いものを通してください。細い金属等を使用した場合、一点に荷重がかかり、ケースが破損することがあります。

4月1日
レースリーダーMX7は、産業競争力強化法施行に伴い平成26年1月20日から開始された「生産性向上設備投資促進税制」の対象機器に該当します。認定機関の証明書発行により税制優遇が受けられます。詳しくは以下を御覧ください。

■経済産業省「設備投資を考えている皆さまへ」
■経済産業省「生産性向上設備投資促進税制について」

4月11日
登下校メールシステムの最新導入実績です。2014年4月11日時点で合計465校に導入されています。

7月18日
手軽に使える2入力タイプのレースリーダーの販売を開始しました。

9月12日
株式会社マトリックスは、作業者接近検知システム(特許出願済)を山九株式会社様と共同で開発しました。本システムは、タグを持った作業者が近くにいることを重機のオペレーターに知らせることができます。RFID開発技術と物流現場のノウハウが融合し、現場が本当に必要とするシステムになっています。

10月17日
以下の展示会に出展します。皆様のご来場をお待ちしております。

■高機能センサ展 2014年11月7日(金)10:30~17:00 大阪産業創造館3F マーケットプラザ
■第16回 西日本国際福祉機器展「新しい介護のカタチ展」 2014年11月7日(金)、8日(土)、9日(日)10:00-17:00(最終日16:30まで)西日本総合展示場 新館(JR小倉駅北口徒歩5分)
■2015 International CES 2015年1月6日(火)、7日(水)、8日(木)、9日(金) 米国ネバダ州ラスベガス市 サンズ・エクスポ&コンベンション・センター

12月25日
株式会社マトリックスの英語サイトをオープンしました。

2015

1月21日
弊社は、2015年1月6日~1月9日にアメリカのラスベガスで開催された「2015 International CES」に出展しました。

3月27日
システム機器として「認知症高齢者徘徊通知システム」の販売を開始しました。

3月31日
ICタグを検知して、警報ユニットに特小無線で通知する「Box11」の販売を開始しました。

7月30日
開発者ダウンロードに「MX7 プロトコルCテスター」を追加しました。MX7のアプリケーションをプロトコルCで開発する場合のパケットデータ確認用ツールです。

8月18日
物流Weekly 2015年8月10日号に当社が製造・販売をしている、フォークリフトや重機などの労災事故を軽減できる「ヒヤリハンター」が掲載されました。「ヒヤリハンター」とは、フォークリフトや重機などに設置することで、独自の磁界を発信して作業員が持つ専用のセミアクティブタグを検知、運転者に危険を知らせる仕組み。安全面を最大限に考え、現場の声を集めて開発した製品です。

10月1日
スポーツイベントの企画運営・計測に携わりたい方、体を動かすことが好きな方を募集しています。詳しくは採用情報のページをご覧ください。

10月7日
POWERTAGの新ラインナップをご紹介します。
・RT301(狭い間口用のリーダー・トリガーユニット一体型)
・BTA-S1(ボックス型のトリガーコイル&受信アンテナ-サイズ小)
・BTA-L1(ボックス型のトリガーコイル&受信アンテナ-サイズ大)
・BT-S1(ボックス型のトリガーコイル-サイズ小)
・BT-L1(ボックス型のトリガーコイル-サイズ大)

10月13日
認知症高齢者徘徊通知システムの特設サイトを公開しました。

11月4日
RFID製品に、赤ちゃんや高齢者にやさしい小型・軽量タイプの高感度タグ「Tag27」を追加しました。

2016

1月18日
作業者接近検知システム【ヒヤリハンター】の特設サイトを公開しました

3月29日
株式会社マトリックスは、このたび株式会社イトーヨーギョーと、交通安全対策技術において共同開発契約を締結いたしました。 両社の専門技術を融合し、新技術・新製品の開発に向けて協力することで合意したものです。 開発した新技術・新製品を活用することで、安心・安全な暮らしの実現に貢献していきます。

4月1日
日経産業新聞に当社のBLEタグの記事が掲載されました

5月31日
新製品のご案内
Tag28(電池内蔵で、小型・軽量タイプのセミアクティブタグ)

6月28日
福祉用具情報システム(TAIS)に『Box11』が登録されました
製品名:Box11
TAISコード:01676 - 000001

8月3日
新製品のご案内
薄型トリガーコイル『BT-M2』

9月5日
2017年1月9日(月・祝)に新しいイベント『鈴鹿ウインターエンデューロ』を開催します。

9月12日
フォークリフト・作業者接近検知システム「ヒヤリハンター」が、イプロスキーマンインタビューに掲載されました。「ヒヤリ・ハットを減らしたい。RFID技術で工場・倉庫の事故を防ぐ!」イプロスキーマンインタビュー

2017

2月7日
ヒヤリハンターのオプションに『トリガーキャンセルユニット』を追加しました。

2月22日
アクセサリに『フィールドチェッカー FC-3』を追加しました

3月1日
物流Weekly 2017年2月20日号にフォークリフトや重機などの労災事故を軽減できる「ヒヤリハンター」や、関連製品が掲載されました。

4月5日
防犯防災総合展 in KANSAI 2017 に出展いたします

5月25日
【新サービス】クラウド所在管理サービスのお知らせ

6月6日
クラウド所在管理サービス『dokoja』のお申し込みを開始しました

6月12日
防犯防災総合展 in KANSAI 2017におきまして、弊社ブースへ多数のご来訪をいただきまして誠にありがとうございました。

9月15日
開発者ダウンロードに「Demo-BleTagReceiver」を追加しました

9月20日
職場の安全衛生、労働災害の防止、働く人の快適な職場環境づくりに関する最新情報と技術が一堂に出展する、国内最大級の展示会『緑十字展 2017』に出展いたします。

日時
2017.11.08(水) 10:00 ~ 17:30
2017.11.09(木) 09:00 ~ 17:00
2017.11.10(金) 10:00 ~ 15:00

会場 神戸国際展示場 1号館・3号館

10月31日
Demo-BleTagReceiverにエリアチェック機能を追加しました。タグが磁界の中にあるかどうか見やすくなりました。

11月14日
緑十字展 2017におきまして、弊社ブースへ多数のご来訪をいただきまして誠にありがとうございました。

11月15日
11月20日(月)から22日(水) の3日間、病院・福祉設備、医療機器が一堂に集う専門展示会『HOSPEX Japan 2017』が東京ビッグサイトにて開催されます。そこで株式会社ユーエイキャスター様が『発電キャスター』を参考出品いたします。

『発電キャスター』は、エナジーハーベスティング(環境発電技術)で無線モジュールやセンサーを駆動させることができるキャスターとして、IoT「モノのインターネット」に電気を供給します。

株式会社ユーエイキャスター様のブースにて、弊社とのコラボレーション『発電キャスター+RFIDタグ』のデモンストレーションを行います。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

会期 : 2017年11月20日(月)~11月22日(水)10:00~17:00(20日は12:00~18:00まで)
会場 : 東京ビッグサイト
小間位置 : 東4~6ホール 小間番号:5A-214