株式会社マトリックス

ヒヤリハンターの基本的な仕組み

重機・建機・フォークリフト安全対策事例「ヒヤリハンター」を徹底解説!

  • 作業者は小型のICタグを携帯
  • フォークリフトに設置したヒヤリハンターから検知エリアを出力
  • 検知エリアに反応したタグの電波を受信し警報器を作動

はじめに

作業を行う企業にとって、安全は義務であり、安全第一は使命です。 しかし作業にはミスはつきもので、熟練した人でも危険と隣り合わせです。 現場の方とヒヤリハットについて話していると、フォークリフトに関するヒヤリハット報告が多く、 その中でも衝突に関するヒヤリハット報告が多いと感じます。

ヒヤリハンターは、車両の周囲(全方位360度)にいるICタグを持った作業者を検知して、オペレーターに警報でお知らせします。ICタグは検知エリア内でのみ動作するセミアクティブタグなので、超省電力かつ独自のID方式により「鳴りすぎない警報」を実現しています。

「ヒヤリハンター」という名前には、「事故につながるヒヤリを減らしたい」 という思いが込められています。

検知方法

ヒヤリハンターの特長のイメージ
検知エリアに反応したICタグの電波を受信して警報
  1. 車両に設置したトリガー送信ボックスから検知エリアを出力します。
  2. ICタグが検知エリアに入ると「タグID+エリアID」を電波で発信します。
  3. 車両に設置したダイポールアンテナでICタグの電波を受信します。
  4. 受信したエリアIDと出力しているエリアIDが同じ場合に、制御ユニットからの信号で回転灯を作動します。
機器構成を変えることで色々な検知距離に対応。
  • 検知距離(小):5m~9mの間で3段階調節
  • 検知距離(中):6.5m~12mの間で3段階調節
  • 検知距離(大):7.5m~14mの間で3段階調節
※詳しくは次のページ