株式会社マトリックス

ヒヤリハンターの検知距離

重機・建機・フォークリフト安全対策事例「ヒヤリハンター」を徹底解説!

  • 機器構成によって検知距離が異なる
  • (MIN・MID・MAX)の3段階で調節可能

はじめに

ヒヤリハンターは機器構成によって最大(最小)検知距離が異なります。 はじめに希望の最大検知距離から機器構成(トリガー送信ボックス)を決定します。 さらに(MIN・MID・MAX)の3段階で調節することができます。

検知距離を短めにしたい場合

【トリガー送信ボックス小×1】

前後の検知距離
MAX:9m
MID:6.5m
MIN:5m
左右の検知距離
MIN:4m
MID:5m
MAX:6m
検知距離小
左右の検知距離
MIN:4m
MID:5m
MAX:6m
※数値は参考目安です。車種や環境(屋内/屋外、電源電圧、機器設置場所)によりタグの検知距離は変化します。

検知距離を長めにしたい場合

【トリガー送信ボックス大×2】

前後の検知距離
MAX:14m
MID:10m
MIN:7.5m
左右の検知距離
MIN:6m
MID:7.5m
MAX:9m
検知距離大
左右の検知距離
MIN:6m
MID:7.5m
MAX:9m
※数値は参考目安です。車種や環境(屋内/屋外、電源電圧、機器設置場所)によりタグの検知距離は変化します。