2017/08/08

フォークリフトや重機の接触衝突対策について-バックナンバー

#7 ICタグの電池残量確認

いつもお世話になっております。 マトリックスの小倉です。

上記に関しまして 当社の製品「ヒヤリハンター」は 電池内蔵ICタグを使用しています。

電池はCR2032(直径20mm、厚さ3.2㎜)、 直径は1円玉と同じでコイン電池と呼ばれています。 ICタグが毎日1分間発信した場合の電池寿命は3年です。 ドライバーでICタグのビスを緩めて蓋をはずせば、 コンビニでも販売している電池と交換できます。

電池残量を確認するにはICタグチェッカーを使用します。 ICタグをチェッカーに数センチまで近づけると 電池残量が十分(LED点灯緑色)か、 交換が必要か(LED点灯赤色)がわかります。 (資料は以下をクリック) タグチェッカー

ICタグを使用する都度、 事前に電池残量をチェックする運用をお勧めしています。 以下の画像は、 入場用ベストのポケットにICタグを入れて運用している事例です。 (壁に設置したチェッカーでICタグが正常に作動することを確認→ベストを着用→入場) 入場用ベスト

さらに「通過式チェッカー」を使用している事例です↓ (ICタグを身に着けたまま確認できます) 通過式チェッカー デモ動画はこちら(YouTube)です。

以上、 「ICタグの電池残量確認について」でした。

次回(8回目)は 「ヒヤリハンターのオプションや拡張性」について、 9月12日火曜日に配信予定です。

配信済 1回目:概要
2回目:車両同士の接近検知
3回目:実績と事例
4回目:展示会のご案内
5回目:特徴
6回目:ICタグを用いない運用(トリガー検知センサー)
(毎月1回計10回程度の配信です)

お問い合わせ

株式会社マトリックス 本社営業部 小倉
Tel:06-6363-5901

関連ページ

重機と作業者の接近検知「ヒヤリハンター」を詳しく見る(製品ページ)

お問い合わせフォーム


製品のお問い合わせ
本社営業部
06-6363-5901