株式会社マトリックス

RFIDで実現する食品工場向け最新セキュリティ対策

フードディフェンスへの取り組み。工場内への不正侵入対策

導入前と導入後の画像

私たちが食事する時、それらを構成するすべての食材について「どこで」「どのように」作られているかまであまり意識しません。 そんな私たちの「食の安全」を脅かす事象のひとつに、食品工場での意図的な毒物・異物混入があります。誰かが何らかの目的で食品に毒物を混入して、 不特定多数の人たちに被害を与え世間を不安に陥れます。このような事件は「食品テロ」という言葉でニュースでも取り上げられています。

「食の安全」を求める消費者の声が大きくなっている現在、食品テロ対策(フードディフェンス)は食品業界において重要な課題のひとつです。

工場内への不審者の侵入を防ぐ手段として、赤外線センサーで人の通過を検知する方法があります。しかしそれだけでは従業員と不審者を区別することができません。 人感センサーとRFIDを連携することで、ICタグを携帯していない部外者の通過を検知することができます。 ICタグを携帯した関係者はただ通過するだけなので、出入口は混雑せずにストレスを感じません。

従業員が自分の担当以外の場所に自由に行き来できる環境は、セキュリティ上の危険性を含んでいます。RFIDを使って工程ごとにセキュリティ区画を設定し、 従業員の入退室を管理することができます。従業員の動線をデータ化することで、従業員の行動に問題がないことを確認します。 食品テロを起こしにくい環境をつくるのも、フードディフェンスのひとつです。

RT301設置のイメージ

RT301設置のイメージ