災害時対応ハンズフリー入退室管理

概要

工場や倉庫の出入口で、ICカードや入構証をアンテナにかざすことなく、一括読み取りすることが可能です。災害発生時の安否確認に有効です。

ICカードをタッチすることが困難な食品工場や物流倉庫はもちろんのこと、オフィスでの客観的な労働時間管理にも利用できます。

導入前と導入後の効果

ハンズフリー入退室管理の効果
導入前は緊急時に誰がどこにいるかわからなかったが、クラウドシステムとの連携で、建物内に誰が取り残されているのかすぐにわかる。

機器構成

ハンズフリー入退室管理

※ICタグの信号には通過したエリアのIDが含まれているので、どちらのアンテナで受信しても通過場所が正確にわかります。リーダーで受信した時刻を付与するので、上位システムで集計すれば進行方向がわかります。

製品 内容
リーダー・トリガー 一体型(RT301) ・トリガーコイルと受信アンテナを接続
・受信したタグIDとエリアIDに時刻を付与して上位システムと通信
トリガーコイル&受信アンテナ(BTA-S1) ・トリガーコイル:ICタグの検知エリア(トリガー磁界)を出力
・受信アンテナ:ICタグの信号を受信
ICタグ(Tag21) 検知エリア内でのみ起動するセミアクティブタグ

※機器構成はシステムの規模や現場の環境によって異なります。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム


製品のお問い合わせ
本社営業部
06-6363-5901