オフィスでの所在管理・クラウドシステム「dokoja」

働き方改革法案が成立し、2019年4月以降に施行されます。法改正で厳しくなる労働時間の把握義務に、低コストで対応する。

仕事のあとの仕事、常習化してませんか?

夕方にタイムカードで打刻してから、夜遅くまで残業する・・・

タイムカードやタッチ式の入退室管理だけでは、長時間労働の実態を把握することが困難です。 タイムカードとは別に意識的な動作なしで記録できるICタグシステムを導入することで、 実際の労働時間を客観的に把握することができます。

おてがる設置の構成例

大掛かりな施工無しで設置したい場合
製品 内容
トリガー(b-Trigger201) ICタグの検知エリア(トリガー磁界)を出力。
本体を中心に半径約2.5mの球状に出力。それぞれに異なるエリアIDを設定。
※エリアIDは最大15(入退室管理は7ヶ所)
ICタグ(b-Tag1) 検知エリア内でのみ起動するセミアクティブタグ。
検知したエリアIDとタグIDをセットで発信し、リーダーと通信。
※ICタグはカードホルダー型(b-Tag2) もあります。
リーダー(b-Reader201) 受信したタグIDとエリアIDに時刻を付与して上位システムと通信。
dokojaコネクト dokojaを利用する場合にリーダーと接続。
LAN経由でインターネットに接続し、クラウドサーバーに受信データをアップロード。

※機器構成はシステムの規模や現場の環境によって異なります。お気軽にお問い合わせください。

こだわり設置の構成例

トリガー同士が近く磁界を半球にしたい場合
製品 内容
トリガー(b-Trigger301) BT-S1を2台接続し、それぞれに異なるエリアIDを設定。
トリガーコイル(BT-S1) ICタグの検知エリア(トリガー磁界)を出力。
本体を中心に半径約2.5mの球状に出力。
ICタグ(b-Tag1) 検知エリア内でのみ起動するセミアクティブタグ。
検知したエリアIDとタグIDをセットで発信し、リーダーと通信。
※ICタグはカードホルダー型(b-Tag2) もあります。
リーダー(b-Reader301) 受信したタグIDとエリアIDに時刻を付与して上位システムと通信。
接点出力4(オープンコレクタ出力)、接点入力2(フォトカプラ入力)。
dokojaコネクト dokojaを利用する場合にリーダーと接続。
LAN経由でインターネットに接続し、クラウドサーバーに受信データをアップロード。

※機器構成はシステムの規模や現場の環境によって異なります。お気軽にお問い合わせください。

アプリケーション

クラウドアプリの基本利用料は無料

dokojaはシンプルな所在管理です。パソコンやスマホのブラウザで見ることができます。基本利用料は無料でご利用頂けます。メールアドレスがログインIDになるので、実際に受信できるメールアドレスが必要です。

※従業員100人の小規模オフィスが対象です。
※機器購入の場合は、別途サーバ接続費(月額)が必要になる場合があります。
※追加される機能が有料になる場合があります。

dokojaの所在一覧

オフィスの入り口にトリガーを2台設置して、場所をそれぞれ「本社」と「社外」に設定したとします。ICタグを持って中に入ると、所在が「本社」になり時間が記録されます。外に出ると、所在が「社外」になり時間が記録されます。

労働時間の客観的な記録

平成31年4月から労働安全衛生法および関連省令が改正され、すべての従業員の労働時間を客観的な方法で把握することが義務づけられます。

dokojaにはエクスポート機能があります。月に1回所在履歴をダウンロードして保存しておくと、客観的な労働時間の把握にも利用できます。

所在履歴(一日の最初と最終)

列名 説明
識別ラベル(グループ) グループを登録する時に入力したラベル
グループ名称 メンバーが所属するグループ名
識別ラベル(メンバー) メンバーを登録する時に入力したラベル
メンバー名称 メンバー名。
日付 所在データの日付
最初時刻 一日の最初に社内に来た時間(自動生成データを含む)
識別ラベル(場所) 一日の最初に滞在した場所のラベル
※場所を登録する時に入力したラベル
最初場所名称 一日の最初に滞在した場所
0:タグ入力 1:手入力(最初場所) ・タグによる自動入力データの場合は0
・手入力データの場合は1
※自動生成データは空欄
最終時刻 一日の最後に社外に出た時間(自動生成データを含む)
※翌日にまたがって社内にいる場合は、0時で出力されます。
識別ラベル(最終場所) 一日の最後に滞在した場所のラベル
※場所を登録する時に入力したラベル
最終場所名称 一日の最後に滞在した場所
0:タグ入力 1:手入力(最終場所) ・タグによる自動入力データの場合は0
・手入力データの場合は1
※自動生成データは空欄
滞在時 ※簡易的な計算です 一日の最初時刻と最終時刻の間の時間
※途中の社外データ(休憩時間など)も含んだ時間です

※一日のはじまりは午前0時からです。(変更不可)
※所在が翌日にまたがる場合は2日間に分割されます。

所在履歴(すべて)

列名 説明
識別ラベル(グループ) グループを登録する時に入力したラベル
グループ名称 メンバーが所属するグループ名
識別ラベル(メンバー) メンバーを登録する時に入力したラベル
メンバー名称 メンバー名。
日付 所在データの日付
時刻 場所に来た時刻
滞在時間 ※1 場所に滞在した時間
識別ラベル(場所) 場所を登録する時に入力したラベル
場所名称 場所の名称
0:社内 1:社外 ・場所が社内の場合は0
・場所が社外の場合は1
0:タグ入力 1:手入力 ・タグによる自動入力データの場合は0
・手入力データの場合は1
※自動生成データは空欄
最終更新者 最終更新者名
最終更新日時 最終更新日時
0:有効 1:無効 ・有効データの場合は0
・無効データの場合は1

※1「自動生成データ 含めない」の場合、一日の最後のデータは空欄となります。

※dokojaについてもっと詳しく知りたい方は徹底解説! dokojaをご覧ください。

お問い合わせフォーム


製品のお問い合わせ
本社営業部
06-6363-5901