株式会社マトリックス

マトリックスの歴史

1980 - 2017

1980

共栄システムとして個人開業

会計業務アプリケーションソフトウェアの受託開発

1983

ソフトウェア開発に商号変更

1985

株式会社マトリックス 資本金250万円で法人設立

1993

自転車レース計測用非接触ICタグ研究、開発着手

1996

資本金1000万円に増資

1999

通信機器製造として事業展開

自転車レース用非接触ICタグ完成 (M-ESPER TYPE-I)

計測システム M-ESPER 販売開始

競馬調教用システム開発

堺事業所開設

2000

パビリオン(ワープステーション江戸)人流動管理にICタグ採用

マラソン用ICタグ完成、販売 (M-ESPER TYPE-II)

第1回スズカ8時間エンデューロ開催(鈴鹿サーキット)

2001

モトクロス計測用システム販売(全日本選手権運用開始)

陸上競技用自動周回カウント計測装置開発

2002

競輪学校訓練用自動計測システム開発

ホンダエコノカーレース計測システム開発

モトクロス用ICタグ計測「POWERTAG」、(財)日本モーターサイクルスポーツ協会公認

非接触充電式マラソン用ICタグ開発販売

資本金1500万円に増資

2003

マラソン用ICタグ計測「POWERTAG」、(財)日本陸上競技連盟公認

資本金2500万円に増資

2004

動態管理用ICタグ、受信装置開発

世界最軽量、最小マラソン用ICタグ「POWERTAGII」(ゼッケン装着)開発

資本金3500万円に増資

2005

モータースポーツ用ICタグ「POWERTAGIII」開発

セミアクティブRFIDシステムを「POWERTAG」で商標登録

登下校メール通知確認システム開発

赤ちゃん連れ去り警報システム開発

資本金5215万円に増資

2006

東京都港区新橋に東京営業所開設

自転車ロードレース実業団チーム「チームマトリックス・パワータグ」発足

2007

本社を大阪市北区西天満3丁目に移転

2008

経済産業省 中小企業庁より、明日の元気を支える元気なモノ作り中小企業300社に選出

経済産業省 近畿経済産業局より、KANSAIモノ作り元気企業100社に選出

2009

ISO9001(品質マネジメントシステム)認証を取得

大阪の元気!大阪のものづくり看板企業193社に選出

近畿経済産業局 関西フロントランナー大賞2009 受賞

2010

南大阪事業所を大阪府高石市に移転

資本金6715万円に増資

2011

「チームマトリックス・パワータグ」全日本実業団ロードチャンピオンシップ 優勝 団体優勝

第1回晴れの国おかやま7時間エンデューロ開催(岡山国際サーキット)

2012

重機周囲を常時監視する「アラウンドウォッチャー」共同開発

2013

第1回そでがうらサマーサイクルロードフェスタを開催(袖ケ浦フォレスト・レースウェイ)

個人のリザルト・ラップ一覧がチェック出来る「LAP CLIP」のサービス開始

2014

新型レースリーダー「MX7」の販売開始

2015

会社設立30周年を迎える

「作業者接近検知システム ヒヤリハンター」販売開始

「認知症高齢者徘徊通知システム」販売開始

「2015 International CES」に出展

2016

株式会社イトーヨーギョーと共同技術開発契約を締結

2017

「チームマトリックス・パワータグ」Jプロツアー2017総合優勝

「チームマトリックス・パワータグ」MATRIX POWERTAG OFFICIAL WEB SHOPを オープン

クラウド所在管理システム「dokoja」サービス開始