株式会社マトリックス|RFIDの総合メーカー(安全管理・入退室管理・セキュリティ・スポーツイベント)

【連載 ヒヤリハンター Vol.2】
磁界の大きさ(検知距離)

ヒヤリハンターにはタイプが3種類(小型・中型・大型)あります。タイプによって最大検知距離が異なります。 はじめに、希望の最大検知距離から使用するタイプを決定します。 検知距離は(MIN・MID・MAX)の3段階で調節することができます。

タイプ別の検知距離

磁界は「トリガー送信ボックス」を中心に楕円形に出力されます。 基本的にフォークリフトの中心に設置します。 トリガー送信ボックスには大と小があって、タイプによって使用する種類・台数が異なります。

タイプ トリガー送信ボックスの大きさ 台数
小型 トリガー送信ボックス小 1
中型 トリガー送信ボックス小 2
大型 トリガー送信ボックス大 4

小型タイプ

小型タイプの検知範囲

前後 左右
MIN 約5m 約4m
MID 約6.5m 約5m
MAX 約9m 約6m

※24Vの場合の数値です。12Vの場合の検知距離は、数値より10%~20%程度短くなることがあります。
※車種や環境(屋内/屋外、電源電圧、機器設置場所)により検知距離は変化します。

中型タイプ

中型タイプの検知範囲

前後 左右
MIN 約6.5m 約5m
MID 約8.5m 約6.5m
MAX 約12m 約8m

※24Vの場合の数値です。12Vの場合の検知距離は、数値より10%~20%程度短くなることがあります。
※車種や環境(屋内/屋外、電源電圧、機器設置場所)により検知距離は変化します。

大型タイプ

大型タイプの検知範囲

前後 左右
MIN 約7.5m 約6m
MID 約10m 約7.5m
MAX 約14m 約9m

※24Vの場合の数値です。12Vの場合の検知距離は、数値より10%~20%程度短くなることがあります。
※車種や環境(屋内/屋外、電源電圧、機器設置場所)により検知距離は変化します。