マトリックス、作業者接近検知システム販売計5000台に(物流ニュースサイト Logistics Today)

RFID(電波を用いてICタグの情報を非接触で読み書きする自動認識技術)メーカーのマトリックス(大阪市北区)は、フォークリフトをはじめとする重機向けの作業者接近検知システム「ヒヤリハンター」の累計販売台数が5000台を突破したことを明らかにした。

LOGISTICS TODAY 2022年1月19日配信

お問い合わせ

※ご希望の日時・質問がございましたら事前にお知らせください