トリガーコイル「BT-M1」の後継機として「BT-M3」を販売します

2019/02/08
BT-M1との違い
  • ケースを開けずにボリューム調節が可能になりました。
  • トリガーコイル引き込み線が10mになりました。
詳しくはBT-M3の製品ページをご覧ください。
※BT-M1は保守製品となります。

お問い合わせフォーム


製品のお問い合わせ
本社営業部
06-6363-5901