株式会社マトリックス|RFIDの総合メーカー(安全管理・入退室管理・セキュリティ・スポーツイベント)
2017年06月23日

ヒヤリハンターのシステム拡張について

ヒヤリハンターは、小型のタグをLF磁界で検知して警報するシステムです。その精度の高さは当然のことながら、当社の製品を選択する大きなメリットは、そのタグを利用してシステムを拡張できることです。

作業者がタグを持つことで、ハンズフリー入退室・所在管理やその他の安全対策を導入することができます。

将来的なスマート工場の実現に向けても、当社の技術・製品をご検討ください。

ヒヤリハンターの基本的な仕組み

タグをその他のシステムに利用

【クラウド所在管理】

クラウド所在管理の画像

ヒヤリハンターのタグは、当社のクラウドサービス「dokoja 無料ではじめるクラウド所在管理」と連携することができます。※2017年9月サービス開始予定


【危険エリア接近警報】

危険エリア接近警報の画像

進入禁止エリアに設置したコーンバーから磁界を出力します。タグを持った作業者がコーンバーに近づくと、警報器が作動し注意喚起します。コーンバーは3本まで連結可能です。