赤ちゃん連れ去り防止

新生児を連れて外へ出ようとすると、警報が作動します。

運用のイメージ

※設置方法は実際とは異なる場合があります

検知箇所を録画したい。

カメラ・レコーダー・モニターを併用することで、検知場所を録画(確認)できます。

誤報のないシステムを導入したい。

トリガーID技術により誤検知のリスクがほとんどありません。

検知箇所をすぐに知りたい。

警報の色で検知場所がすぐにわかります。(最大5ヶ所)

タグ

赤ちゃんの足に装着。

タグ装着

仕組み

トリガー磁界にタグが反応し、
連れ去り発生をお知らせ。

RFIDタグの発信
磁界の範囲は限定的で、誤報のリスクが少ない。
※磁界の範囲は機器や設置環境で変わる

警報

カメラとの連携で、
現場の様子をモニタリング。

赤ちゃん連れ去り警報

機器構成例

赤ちゃん連れ去り警報
※機器構成は設置環境で異なる

機器を詳しく見る

使用する機器は、
要件や環境によって異なります。

お問い合わせ

※ご希望の日時・質問がございましたら事前にお知らせください