株式会社マトリックス
RFID ソリューション

タイムカードでは長時間労働の実態を把握することが困難です。ICタグシステムで労働時間を客観的に把握できます。

働き方改革法案が成立し、2019年4月以降に施行されます。法改正で厳しくなる労働時間の把握義務に、低コストで対応する。

概要

法改正で厳しくなる労働時間の把握義務

夕方にタイムカードで打刻してから、夜遅くまで残業する・・・仕事のあとの仕事、常習化してませんか?

タイムカードやタッチ式の入退室管理だけでは、長時間労働の実態を把握することが困難です。 タイムカードとは別に意識的な動作なしで記録できるICタグシステムを導入することで、 実際の労働時間を客観的に把握することができます。

平成31年4月から労働安全衛生法および関連省令が改正され、すべての従業員の労働時間を客観的な方法で把握することが義務づけられます。

運用のイメージ

ハンズフリー入退室管理

※機器構成は要件によって異なります。お気軽にお問い合わせください。

※ICタグの信号には通過したエリアのIDが含まれているので、どちらのアンテナで受信しても通過場所が正確にわかります。リーダーで受信した時刻を付与するので、上位システムで集計すれば進行方向がわかります。

導入までの流れ

1. 要件を整理する

お問い合わせの前に要件を整理していただくとスムーズです。

  • 用途(入退室履歴の記録、勤怠管理)
  • 目的(自社に導入、ユーザーへ販売)
  • ユーザーの所在地
  • アプリケーション(自社開発、販売会社を紹介してほしい)
  • 検知する入口の数と幅
  • ICタグの数
  • 予算・納期

など

2. お問い合わせ

お問い合わせの内容に応じて販売会社をご紹介いたします。

お問い合わせフォーム

関連ページ

重機と作業者の接近検知

ICタグを持つ作業者を検知して、リフトマンに警報!工事現場や物流現場での、重機と人の接触事故のリスクを大幅に低減。
詳しくみる

危険エリア接近警報

RFID技術で、作業者の危険エリアへの進入、荷物への衝突などを未然に検知して警報。
詳しくみる

ハンズフリー入退室管理

セミアクティブタグなら、ICカードをアンテナにかざすことなく、ハンズフリーで入退室を正確に管理。
詳しくみる

残業時間の管理

タイムカードでは長時間労働の実態を把握することが困難です。ICタグシステムで労働時間を客観的に把握できます。
詳しくみる

徘徊通知・離院検知

認知症老人の徘徊・ひとり歩きによる離院・行方不明事故を防ぎたい。
詳しくみる

赤ちゃん連れ去り検知

キューピッドガードで、新生児の誘拐事件・赤ちゃん連れ去り発生を検知して警報!
詳しくみる

登下校見守り

入学から卒業までICタグの電池交換不要!子どもの登校・下校を検知してメールでお知らせ。
詳しくみる

侵入検知

食品工場のフードディフェンス対策。工場、学校、病院のセキュリティ対策。
詳しくみる