利用シーンから探す

マラソン・駅伝 タイム自動計測

ゴールを通過するランナーを検知

マラソン・駅伝 タイム自動計測

ゴールに設置したトリガーコイルからトリガー磁界を出力します。ランナーのゼッケンに装着したタグがトリガー磁界を通過した時に検知します。

トルソー(胸部)での計測

日本陸上競技連盟の定める規則にのっとった、トルソー位置での計測が可能です。

複数同時受信

複数でゴールするランナーのタイムを自動で計測します。

豊富な実績と信頼

大阪国際女子マラソン、福岡国際マラソン、実業団駅伝(女子)、全国高校駅伝、全日本大学駅伝、全国都道府県対抗女子駅伝、全国都道府県対抗男子駅伝、全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)、東日本女子駅伝 他

トリガー技術

タグはゴール地点に設置したトリガー磁界を通過中のみ送信します。1秒間に多くて約200回送信するので、高い精度でタイム計測できます。

トラック競技の周回カウント

コースサイドに設置できるトラック競技の周回カウント専用リーダー( MXPC-LC-001 )もあります。

機器構成

ラソン・駅伝 タイム自動計測機器構成
※機器構成は設置環境で異なる場合があります。

お問い合わせフォーム

※ご希望の日時・質問がございましたら事前にお知らせください