株式会社マトリックス

セミアクティブRFIDシステム「POWERTAG」

概要
RFIDで一般的に普及している電池を内蔵しないICタグはパッシブ型RFタグ(パッシブタグ)と呼ばれる。パッシブタグは電源を内部に持たない無線通信タグで、乗車カードや電子キーといった数十cm程度の近距離通信で利用することが多い。
一方、電源を内蔵するICタグはアクティブ型RFタグ(アクティブタグ)と呼ばれる。アクティブタグは電源を内部に持つ無線通信タグで、通信距離は様々である。 当社のICタグは、電磁誘導で動作するパッシブタグと、電池内蔵のアクティブタグの特長を併せ持つセミアクティブ型RFタグ(セミアクティブタグ)と呼ばれる。
弊社のセミアクティブRFIDシステム「POWERTAG」は電波強度ではなくLFトリガー磁界のIDから場所を特定しているので正確です。ICタグはトリガー磁界内でしか動作しないので超省電力。複数で通過しても正確に一括読み取り!
セミアクティブRFIDとは?
用途例
ハンズフリー入退室管理登下校見守り(メール配信)、駐車場入出庫管理(パーキングシステム)、不正入場監視(フードディフェンス)赤ちゃん盗難防止、パソコン持ち出し管理、美術館動線管理、テープ保管(テレビ局)、来場者にメッセージ表示、展示会来場管理、電気錠との連携、ゴーカートの自動計測、大学構内周回マラソン計測、採血支援ログイン管理、搭乗者管理、圧延機安全補助、盲導犬調教システム、他

お問い合わせフォーム