バスに乗ったまま入退場管理

バスがゲートを通過する際に、乗車中の人をまとめて検知。

※設置方法は実際とは異なる場合があります

走行しながら乗車中の人を検知したい。

当社独自の技術「スクランブルトリガー」によって実現可能です。タグをかざす必要がないので、停滞することがありません。

精度の高いシステムを導入したい。

レーススポーツのタイム計測にも利用されている技術を応用しています。

安全管理と併用したい。

ヒヤリハンターと併用することも可能です。

タグ

携帯するだけ。
かざす必要はありません。

タグ装着
タグ装着

パッシブタグよりも通信距離が長く、アクティブタグよりも電池の消費量が少ないセミアクティブタグ。

仕組み

スクランブルトリガーで、
乗車中の人を検知。
タグをかざす必要がなく、
滞留・渋滞させない。

RFIDタグの発信
※磁界の範囲は機器や設置環境で変わる

機器構成例

バスの入退場
※機器構成は設置環境で異なる

運用イメージ

バスの入退場
※設置方法は実際とは異なる場合があります

アプリケーション

何時に来て、
何時間滞在して、
何時に帰ったか。

開発者向けのサポートも充実しています

機器を詳しく見る

使用する機器は、
要件や環境によって異なります。

お問い合わせ

※ご希望の日時・質問がございましたら事前にお知らせください