トラックの入退場を自動化し効率的かつ正確に管理

物流・運送業界における効率化とセキュリティの強化は、業界の課題の一つです。トラックの入退場管理は、物流センターや倉庫の運営において、業務のスムーズな進行とセキュリティ確保のための重要なプロセスです。従来の手動による入退場管理方法は、時間がかかるだけでなく、ヒューマンエラーのリスクも伴います。このような背景のもと、物流・運送業界では、トラックの入退場を自動化し、より効率的かつ正確に管理するソリューションへの関心が高まっています。

仕組み

RFタグ

トラックにタグを設置します。完全ハンズフリーで意識する必要はありません。

LFトリガー磁界

入退場を認識する場所に機器を設置し、トリガーコイルから異なるIDのトリガー磁界を2つ出力します。

LFトリガー磁界
実際の設置とは異なる場合があります
受信機/トリガー送信機(RT501)

トリガー磁界でタグを検知、トリガーIDによって誤認識がない

タグを設置したトラックが磁界に入ると電波を発信します。受信機で時刻を付与、トリガー磁界のIDとタグIDでトラックの位置を特定します。磁界の外では発信しないので、電池が長持ちします。

トリガー磁界のIDとタグIDで場所を特定
データを時系列に処理することで進行方向がわかる

トラックの入退場を管理

トラックの入退場を管理
クラウドまたはオンプレミスで運用

アプリケーション

dokoja(位置情報・動態管理システム)

リアルタイム所在管理
リアルタイム所在管理
「誰が」「どこに」「何時に」といった現在の所在状況を、リスト表示やマップ表示でリアルタイムに確認することができます。
入退室状況の可視化
入退室状況の可視化
日毎の動向や月毎の履歴を確認することができます。入退室判定には検知場所毎にトリガー磁界を2つ設置します。
滞在時間・在席状況の可視化
滞在時間・在席状況の可視化
トリガー磁界を一定間隔で出力し、ICタグを検出することで、場所毎の滞在時間を管理することができます。
アラート機能
アラート機能
同じ場所に一定時間滞在している場合に、アラートを表示します。
データ出力
データ出力
CSVで出力します。全ての所在履歴、1日の最初と最後の履歴、1日の場所毎の合計時間数など、客観的なデータを出力できます。
Web API
Web API
特注対応になりますので、別途ご相談ください。

各種機器構成例

室内ドアの入退管理(クラウド)

dokoja機器構成クラウド
機器構成は要件によって異なる

室内ドアの入退管理(オンプレミス)

dokoja機器構成オンプレミス
機器構成は要件によって異なる

車両の入退管理(クラウド)

dokoja機器構成 車両入退
機器構成は要件によって異なる

位置検知(クラウド)

dokoja機器構成 POWERTAG unify
機器構成は要件によって異なる

さいごに

本記事で紹介したソリューションは、業務の効率化だけでなく、セキュリティの強化にも寄与し、物流業界全体の品質向上に貢献しています。これらの先進技術を積極的に採用し、継続的に改善していくことが、企業の持続可能な成長に繋がります。

関連ページ