落下・転落の危険が迫った時に警報

フォークリフトを取り扱う作業環境では、労働災害のリスクが常に存在します。倉庫、工場、ゴミ処理場などでの日々の作業は、生産性の向上と経済活動の基盤を支える重要な役割を担っています。しかし、これらの場所で使用されるフォークリフトなどは、操作ミスや安全管理の欠如により、重大な事故へとつながる可能性があります。

本ページでは、フォークリフトを取り扱う現場で発生する労働災害・ヒヤリハットの事例、RFIDで事故を防止するための効果的な安全対策(落下・転落防止対策)について詳しく紹介します。安全対策の実施は、法的義務だけでなく、作業者の生命と健康を守るための責任であり、また、企業が社会的信頼を維持し、成功を収めるための基盤でもあります。

フォークリフトがベルトコンベアに転落しそうになった
フォークリフトが転落しそうになるヒヤリハット

事故防止対策「接近検知警報ヒヤリハンター」とは

RFタグ

転落を検知したい場所にタグをケースに入れて設置します。

LFトリガー磁界

ヒヤリハンターは、フォークリフトの周囲360度にトリガー磁界を出力し、タグを検知するエリアを作ります。

トリガー磁界の出力イメージ

トリガー磁界でタグを検知、トリガーIDによって誤認識がない

タグがトリガー磁界に反応し電波を発信、リフトに設置した信号灯を作動します。アクティブRFIDで問題になる警報過多を大幅に軽減します。

現場の事故・ヒヤリハット事例と解決策

【事例1】

「フォークリフトがベルトコンベアに転落しそうになった」

フォークリフトがベルトコンベアに転落しそうになった

よくあるヒヤリハットのひとつで、運転手が段差に気づかずに発生します。軽微なヒヤリハットを放置すると重大事故につながる恐れがあります。

ヒヤリハンターで解決!

転落の危険があることを認識
転落の危険があることを認識

弊社の製品が選ばれる理由

レースタイム計測での豊富な実績

1990年代まで、自転車レースの計測はビデオカメラと目視で行っていました。1993年に、弊社がレース用非接触ICタグの開発に着手し、1999年世界ではじめて製品化を実現しました。それがセミアクティブRFIDシステムの始まりです。今では自転車レース計測の国内シェア90%以上を誇ります。

ロードレースの計測
高速で走るプロのレースで採用
スズカ8時間計測
数千人のタイムを全て計測

自転車レース以外にもマラソン・駅伝、トライアスロン、モトクロス、競馬(トレセン)などのレース競技で豊富な実機があります。レース計測にも使える検知性能の高さ、堅牢性の高さが、弊社の製品が選ばれる理由のひとつです。

マラソンの計測
マラソン
駅伝の計測
駅伝
モトクロスの計測
モトクロス
カーレースの計測
カーレース
トライアスロンの計測
トライアスロン
競馬の調教の計測
競馬の調教

【レースでの主な実績】自転車ロードレース(ジャパンカップ、ツアー・オブ・ジャパンほか)、マラソン・駅伝(大阪国際女子マラソン、全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)ほか)、JKA 日本競輪学校 など。

レースタイム自動計測はこちら

弊社の入退管理・動態管理・安全管理システムは、高い検知性能が求められるレース計測技術をベースにし、トリガーID技術でより高精度になった他にはないRFIDシステムです。高速移動体や複数の人をハンズフリーで確実に一括認証したい時に最適な選択です。

安心安全ソリューションでの豊富な実績

弊社のRFID製品は、建設現場の事故防止児童の登下校見守りといった、安心安全ソリューションで多くの実績があります。

ヒヤリハンター(導入実績5,000台以上)
接触防止 ヒヤリハンター(導入実績5,000台以上)
30万人以上の登下校を見守り
30万人以上の登下校を見守り

接触防止 ヒヤリハンターはこちら

命を守るソリューションにも使える安心感が、弊社の製品が選ばれる理由のひとつです。