落下・転落の危険が迫った時に警報

フォークリフトを取り扱う作業環境では、労働災害のリスクが常に存在します。倉庫、工場、ゴミ処理場などでの日々の作業は、生産性の向上と経済活動の基盤を支える重要な役割を担っています。しかし、これらの場所で使用されるフォークリフトなどは、操作ミスや安全管理の欠如により、重大な事故へとつながる可能性があります。

本ページでは、フォークリフトを取り扱う現場で発生する労働災害・ヒヤリハットの事例、RFIDで事故を防止するための効果的な安全対策(落下・転落防止対策)について詳しく紹介します。安全対策の実施は、法的義務だけでなく、作業者の生命と健康を守るための責任であり、また、企業が社会的信頼を維持し、成功を収めるための基盤でもあります。

事故防止対策「接近検知警報ヒヤリハンター」とは

RFタグ

転落を検知したい場所にタグをケースに入れて設置します。

LFトリガー磁界

ヒヤリハンターは、フォークリフトの周囲360度にトリガー磁界を出力し、タグを検知するエリアを作ります。

トリガー磁界の出力イメージ

トリガー磁界でタグを検知、トリガーIDによって誤認識がない

タグがトリガー磁界に反応し電波を発信、リフトに設置した信号灯を作動します。アクティブRFIDで問題になる警報過多を大幅に軽減します。

現場の事故・ヒヤリハット事例と解決策

【事例1】

「フォークリフトがベルトコンベアに転落しそうになった」

フォークリフトがベルトコンベアに転落しそうになった

よくあるヒヤリハットのひとつで、運転手が段差に気づかずに発生します。軽微なヒヤリハットを放置すると重大事故につながる恐れがあります。

ヒヤリハンターで解決!

転落の危険があることを認識
転落の危険があることを認識

関連ページ