タッチレスで車両の入退管理【Touchless Parking】

2023.09.20

こんにちは!マトリックスの広報担当「中の人」こと、「広報M」(MATRIXのM)です。
前回は「広報X」より、高耐久版「ヒヤリハンター」についての情報をご紹介させて頂きました。

目次

【1】タッチレスで車両の入退管理【Touchless Parking】
【2】POWERTAG
【3】編集後記

【1】タッチレスで車両の入退管理【Touchless Parking】

車で会社や工場に従業員の方が出勤する際に、よくゲートで混雑しているため何とかしたいと思っている方に朗報です。
弊社の特殊な磁界の出力方法により車内のICタグを検知することが出来るようになりました。
その技術により、車両の入退管理が出来るようになったので、様々なシステムと連携し、業務や作業の効率化に繋げる事ができます。
今回はその中でも駐車場のソリューションとして、「タッチレスのパーキングシステム」をご紹介させて頂きます。

【Touchless Parking】システム

・RFIDカードをかざすことなく、運転手・同乗者を一括認証。
・渋滞のない車両入退管理。
・Semi-Acrive RFID System

運用のイメージ

・非接触ICタグを携帯していれば、乗車したまま認証
・わざわざICカードをかざす必要がなく渋滞しない
・入場ゲート・退場ゲートでの誤認識がない
・ケーブルプロテクターを使えば後設置も簡単
・自転車レースや競馬の計測にも使われる技術で高精度
・セキュリティ強化・安否確認などBCP対策にも効果的

Semi-Acrive RFID System

◇RFID TAG

完全ハンズフリー認証。
携帯するだけで車内の人間の入退場を記録。
かざす必要が一切ない複数同時認証で、渋滞なしを可能にします。
カードホルダー型ICタグ(Tag31)は、社員証を挿入して使うことができます。
⇒詳細やその他のラインナップはお問い合わせください。

◇TRIGGER COIL

ケーブルプロテクターにコイル線をループ状にして設置し、タグを検知するトリガー磁界を出力。搭乗者を一括認証できる車両入退管理。

◇ANTENNA

トリガー磁界に反応したタグの信号を受信するアンテナ。
トリガーコイルの近くで見通しの良い場所に設置。

◇READER/TRIGGER

トリガーコイル、アンテナ、必要な接点線を接続するリーダー。
受信データに時刻情報を付与し上位システムと通信。
ゲートの開閉を制御。

今回新しく【Touchless Parking】システムのページを作成しました。
今風のナチュラルテイストなカッコいいデザインのページになっているので
是非こちらもチェック頂ければ幸いです。

【2】POWERTAG

マトリックスでは、「いつ・どこで・誰が」という情報を用いてソリューションを展開しています。
【同じRFIDタグ(セミアクティブタグ)】を使って、安全対策や入退管理、各現場での作業時間を測り、無駄な時間を把握し、業務効率化や労働生産性の向上につなげる仕組みを提供する事ができます。

高精度RFIDで従業員の作業時間を客観的データで記録

このタグの魅力は2次的利用3次的利用と用途を拡大できるところにもあります。
是非、何かお困りごとがあればマトリックス製品を思い出して頂き
ご相談頂ければ幸いです。

安全対策等、その他ソリューション

気になった方は、こちらから↓↓
問い合わせページ

【3】編集後記

≪今月の雑学≫
アルミホイルに裏表は無い。

M)(どっちが表か)本件ずっと気になっていました。⇒結論どっちでもない。
曇っている面の方が食材がくっつきやすく、光沢面の方が
熱伝導率が高いとされているので、フライパンやトースターで
焼く時は、光沢面が下で覚えましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。