登下校見守り

子ども達が学校の校門を通過する際に、保護者の方にメールでお知らせ。

運用イメージ

校門通過時のみ反応。

※設置方法は実際とは異なる場合があります

日常的に手間のかからないシステムを導入したい。

入学から卒業までタグの電池交換不要で、ランドセルに入れたままで検知します。

精度の高いシステムを導入したい。

レーススポーツのタイム計測にも利用されている技術で、集団登下校にも対応。

信頼性の高いシステムを導入したい

全国1700校以上の学校・保育園で利用されています。(2022年現在)

タグ

ランドセルに収納。

タグ装着

仕組み

校門のトリガー磁界にタグが反応し、
登校・下校を保護者にお知らせ。
ノンタッチで集団登下校に最適。

RFIDタグの発信
※磁界の範囲は機器や設置環境で変わる

機器構成例

登下校見守り機器構成
※機器構成は設置環境で異なる

機器を詳しく見る

使用する機器は、
要件や環境によって異なります。

タッチ式として利用

校門ではノンタッチ、
学童保育ではタッチ。
同じタグで運用可能。

学童保育見守り

機器を詳しく見る

お問い合わせ

※ご希望の日時・質問がございましたら事前にお知らせください