重機でよくある(激突、挟まれ、転落)事故防止対策

重機を取り扱う作業環境では、労働災害のリスクが常に存在します。建設現場などでの日々の作業は、生産性の向上と経済活動の基盤を支える重要な役割を担っています。しかし、これらの場所で使用されるバックホーなどの重機械は、操作ミスや安全管理の欠如により、重大な事故へとつながる可能性があります。 安全対策の実施は、法的義務だけでなく、作業者の生命と健康を守るための責任であり、また、企業が社会的信頼を維持し、成功を収めるための基盤でもあります。

本ページでは、主に重機と作業者の事故対策である「接近検知警報ヒヤリハンター」の仕組みと事例ついて詳しく紹介します。

事故防止対策「接近検知警報ヒヤリハンター(NETIS登録)」とは

RFタグ

警報の対象になる作業者がタグを携帯します。「鳴動するタグで作業者と運転手の双方向に知らせたい」「小型で軽量なタグが良い」など、運用に合わせたタグを選べます。

LFトリガー磁界

ヒヤリハンターは、重機の周囲360度にトリガー磁界を出力し、タグを検知するエリアを作ります。

トリガー磁界の出力イメージ

トリガー磁界でタグを検知、トリガーIDによって誤認識がない

タグを携帯した作業者が磁界に入ると、重機に設置した警報機を作動します。ヒヤリハンターは独自のトリガーIDシステムを採用しています。検知した重機でしか警報しないので、現場で混乱することがありません。

トリガー磁界でタグを検知、トリガーIDによって誤認識がない
機器(ヒヤリハンター)を詳しくみる
NETISはこちら

現場の事故・ヒヤリハット事例と解決策

【事例1】

「バックホーの運転席からの視界が限られているため、作業員が重機の近くで作業していることに運転手が気付かず、衝突するところだった」

バックホーと作業者が衝突しそうになった
死角からの飛び出しと不注意が原因のヒヤリハット

よくあるヒヤリハットのひとつで、運転手が作業員に気づかずに発生します。軽微なヒヤリハットを放置すると重大事故につながる恐れがあります。

ヒヤリハンターで解決!

ヒヤリハンターで死角からの飛び出しを事前に認識
ヒヤリハンターで死角からの飛び出しを事前に認識

さいごに

労働者の安全と企業の成長を目指して

重大な事故は、企業にとって計り知れない影響を及ぼすことがあります。このような事故を未然に防ぐことは、作業者の安全を確保し、企業の持続可能な成長を守る上で極めて重要です。

事故防止は、適切な知識の習得、安全意識の醸成、実行可能な安全対策の策定と徹底によってのみ実現可能です。私たちは、自社の製品を通じて事故を削減し、より安全な作業環境の実現を目指しています。

関連ページ