作業者が安全でないエリアに接近した際に自動で警報

建設現場は、高い生産性と効率性を追求する一方で、常に多様な安全リスクに直面しています。特に、作業者が誤って危険エリアに近づくことは、重大な事故に繋がる可能性があります。 このような事故を未然に防ぐための危険エリア接近警報システムは、作業者が安全でないエリアに接近した際に自動で警報を発し、即座に警告することで、事故のリスクを著しく低減させることが可能です。

危険エリア接近警報「バートリガー」とは

RFタグ

警報の対象にしたい作業者がタグを携帯します。「ブザータグで双方向に知らせたい」「小型で軽量なタグが良い」など、運用に合わせたタグを選べます。

LFトリガー磁界

コーンバーからタグを検知するトリガー磁界を出力します。

検知距離は設置環境によって変化
機器(バートリガー)を詳しくみる

トリガー磁界でタグを検知、トリガーIDによって誤認識がない

タグがトリガー磁界に反応し電波を発信、設置した信号灯を作動します。トリガーIDで誤認識がなく高精度。磁界の外では発信しないので、電池が長持ちします。

危険エリア接近警報「バートリガー」とは

現場の事故・ヒヤリハット事例と解決策

【事例1】

「工事中の穴に作業員が転落しそうになった」

印刷工場で作業者が大型輪転機に巻き込まれそうになった

よくあるヒヤリハットのひとつで、作業者の不注意により発生します。軽微なヒヤリハットを放置すると重大事故につながる恐れがあります。

バートリガーで解決!

バートリガーで危険を事前に認識
バートリガーで危険を事前に認識

さいごに

建設業界における危険エリア接近警報システムの導入は、作業現場の安全管理を強化します。この技術により、作業者が意図せず危険な場所に近づいてしまうリスクを効果的に回避し、事故による損失を抑えることが可能になります。

関連ページ