領域制限(Digital Space Coding)の具体的事例①

ヒヤリハンターのトリガー磁界を領域制限し、検知した作業員や車両の位置を識別して画面に表示。

ヒヤリハンター領域制限
  1. 重機にヒヤリハンターとタブレット端末を設置
  2. 重機の周囲(4方向)にトリガー磁界を出力
  3. 各作業員はICタグを持って作業場に入る
  4. 作業員がトリガー磁界に入るとICタグが反応し運転席で警報を鳴らす
  5. タブレット端末で検知位置や作業員の種類(熟練者/一般)を確認

実際に導入・運用されている事例です。マトリックスのLFトリガー技術だからこそ実現できた事例です。

※この事例は通常販売しておりません

トリガー磁界

方向を識別する
トリガー磁界を出力。

トリガー磁界のIDで
作業員の場所を識別。

トリガー磁界

設置機器や環境によって変化。

設置例

設置例
※設置方法は実際とは異なる場合があります

機器構成例

機器構成例
※機器構成は設置環境で異なる場合があります

お問い合わせ

※ご希望の日時・質問がございましたら事前にお知らせください